周辺の自然環境

災害対策を考えた場合の自然環境

家を借りる際、周辺の自然環境にも目を向けておきましょう。梅雨時期や夏場など、台風やゲリラ豪雨によって各地で水害が起きます。住む場所を選ぶ際に、自然災害による影響を考慮に入れて選ぶと、自身の身を守ることができますよ。 例えば、家の近くに大きな川がある場合や川がカーブになっている場所の周辺は、豪雨の際に川が氾濫する恐れがあります。自宅が浸水してしまう恐れがあるので、こういった場所を選ばないか、マンションの上階を選ぶようにしましょう。家賃がお得でこのような場所に住みたい場合には、水害が起きた時の避難経路や対策をしっかり計画しておくと安心です。 日本は、地震災害も多いのが特徴です。住宅のすぐ近くに山がある場合は、土砂崩れの危険性があるので注意しましょう。また、住宅密集地や木造住宅が多い地域では、地震の際の火災も心配です。住宅周辺の自然環境をしっかりと見ておくことが大切になります。

暮らしやすさを考えた時の自然環境

都会に住む場合、住宅の近くに緑豊かな公園など自然豊かな環境が少しでもあると、ほっと一息つける場所となります。通勤途中に四季折々の草花を眺めて癒されたり、休日に散歩コースとして利用したりしても良いでしょう。
また、川沿いの遊歩道など歩きやすい環境があると、散歩やジョギングを楽しむことができるためおすすめです。

郊外に住む場合は、自然が満喫できて朝、鳥の声で目覚めるなんてこともできますよ。車の騒音や街の喧騒から離れて暮らしたい方は、自然豊かな郊外に賃貸物件を探すのも良いでしょう。街や駅から少し離れると家賃もグッと安くなります。
駅に出る際の交通手段などは、事前にチェックしてから家を借りることをおすすめします。