近隣住民との関係性

賃貸で生活するなら近隣住民に配慮することが大事

アパートやマンション、一戸建てなどの賃貸で暮らすということは、隣や周辺に近隣住民が生活している可能性があります。どのような人が生活しているのかわからないとしても、配慮して生活することが大事です。たとえば、大きな音を出したり、遅い時間帯に掃除機や洗濯機を使用したりなどは、近隣住民に迷惑をかける原因になるでしょう。また、においも迷惑をかける原因の1つなので、注意しながら生活する必要があります。そうすれば、近隣住民との関わりが少なかったとしても、迷惑をかけていないのでトラブルは発生しません。仮に自分が原因のトラブルを起こしてしまうと関係が悪化する場合があるので、住み始めた時から配慮して暮らしましょう。

会った時に挨拶はしておきましょう

賃貸で生活する際は、隣や周辺に近隣住民がいる可能性はありますし、最初はいなくても後から転居してくることも考えられます。そのため、自分から挨拶をした方が良いのかという部分で悩む人はいるでしょう。挨拶は絶対にしなければならないわけではないですが、しておいて損はないです。たとえば、賃貸での生活は短期間と決まっている場合は、すぐに転居するので積極的に近隣住民の家を訪問して挨拶しなくても良いです。ただ、長期間生活する目的で賃貸を契約したのであれば、家を訪問して挨拶をしておいた方が早く地域に馴染めます。しかし、緊張や不安を感じている中で訪問するくらいなら、無理をせず偶然に会った時に挨拶をして顔を覚えてもらいましょう。