日当たりと窓の向き

昼に明るく過ごしたいなら東か南向き

賃貸物件を利用する人の生活スタイルは様々で、居室に長く滞在する人もいれば、寝るだけのために使っている人もいます。社会人や学生となると平日の昼間は外出するケースが多く、必ずしも昼間の明るさが必要ない時もあるでしょう。ただ土日の昼間に有意義に過ごしたいならそれなりに明るい部屋を選んだ方がいいかも知れません。照明を使わなくても明るくなる部屋の窓の向きとしては南向きがベストです。1日を通して太陽の日差しが入るので、晴れた日の窓際なら照明は必要ないでしょう。東向きは午前中を中心に日差しが入るのでこちらも昼間に明るく過ごせます。日差しがある部屋は冬でも太陽の熱で暖かいので、暖房費用を節約できるメリットがあるでしょう。

仕事や勉強をするときには何向きがいいか

賃貸物件を利用する人として学生や社会人がいますが、居室での滞在時間はまちまちです。自宅で勉強をする学生や自宅でフリーランスの仕事をしている人は、平日の昼間の滞在時間が多くなるかもしれません。勉強や仕事が効率的になるような物件選びが必要になります。一見明るい方がいいと南向きを選ぶかも知れませんが、作業をするときに日差しが邪魔になるときがあり必ずしも南向きが良いとは言えません。意外に過ごしやすいのが北向きなので検討すると良いでしょう。北向きは1日を通して日差しが入らず、晴れている日ならそれなりに明るく窓際なら照明不要で作業ができるでしょう。夏でも直接日差しが入らない分暑くなりすぎず、冷房費用を節約できるときもあります。